投資初心者でもできるWealthNavi(ウェルスナビ)とは?預貯金にもおすすめな理由

節約術

2019/12/26

投資初心者でもできるWealthNavi(ウェルスナビ)とは?

ここ近年では株やFXなど株式投資は私たちの身近な存在になってきました。
興味はあるものの、実態が分からず恐怖感からなかなか手を出せないなんてことありませんか?

こういう私もこの「WealthNavi(ウェルスナビ)」こそが人生で初めての投資となりました。

始めたきっかけは2人目の子供が生まれたばかりで、将来の貯金を保険に入るか別の方法がないか考えていた時に「AIによる自動運用」というのを見て知識がない自分でもできると思い、始めました。

WealthNavi(ウェルスナビ)

預かり資産、運用者数No.1のロボアドバイザー。今ならキャンペーン開催中!

WealthNavi(ウェルスナビ)とは?

投資初心者でもできるWealthNavi(ウェルスナビ)とは?
WealthNavi(ウェルスナビ)はロボアドバイザーの投資一任型に分類される投資信託です。

※投資信託とは投資の専門家が多くの投資家から集めた資金をまとめて運用することです。
その利点は簡単にいうとローリスク・ローリターンで長期的に投資額を増やせる点です。

ロボアドバイザー(AI)が最適と思う株式を選んで買い付けて運用までを全て行ってくれます。

わかりやすく表現すると放ったらかし投資ということです。
こちらでやる事は特になく勝手に良い感じにしてくれます。
その手間のなさから投資初心者でも始めやすいと言われています。

ロボアドバイザーには「アドバイス型」というもう1つの形式があり、こちらは買い付けした方が良い物を提示してくれるが、実際の買い付けは自分でやる仕組みになります。
ロボアドバイザーがやってくれることが限られるため、総合的に手数料が安く済みますが、知識がない方や時間がなかなか取れない人はWealthNaviが向いています。

WealthNavi(ウェルスナビ)の特徴

WealthNaviは初心者の人に対して優しい特徴がいくつかあります。

各種手続きの手数料が無料!

クイック入金、自動積立、出金手数料、為替手数料が全て無料になります。
例えばクイック入金は急に投資額を増やしたくなった時に翌日から増やすことができます。
私はこれはすごく利用していて、想定よりも貯金ができた月などは気軽にすぐ入金できるので非常に便利です!

また、自動積立は毎月決まった金額を自動で入金してくれるシステムです。
WeathlthNaviをお子さんの将来の預貯金に当てる場合は、この自動積立機能が便利です。
一般的な銀行の定期預金と同じと考えるとわかりやすいですね。

アプリで簡単操作!

アプリで簡単操作!

クイック入金など出金などしたくなった時にどこでもできるため、サラリーマンや主婦の方は銀行に行ったり、コンビニに行く手間も一切かかりません。
入金する方法もシンプルでかなり使いやすいです。

いつでもすぐに辞められる!

私が投資を始める時に「儲かった時に辞めたい」「急に大きなお金が必要になった時に辞めたい」と思っていました。
WealthNaviならいつでも好きな時に辞められます!
しかも先ほどの出金手数料が無料なため全額 出金したとしても手数料は一切かかりません。
口座から全額出金をすると自動運用も勝手に止まり、更に運用手数料もかからないので便利です。

確定申告も簡単!

WealthNavi(ウェルスナビ)で運用している資金は課税対象となるため確定申告が必要になります。
ですが、口座開設時に「源泉徴収あり」を選択しておくことで税金の支払い関連もWealthNaviが勝手にやってくれるため、書類をまとめたり税務署行ったりなどの手間は一切かかりません!
本当に何から何までやってくれるので、ズボラな私にとっては非常にありがたいです(笑

リスクとリターンの度合いをすぐに変えられる

リスクとリターンの度合いをすぐに変えられる

投資信託は長期的に利益を出していくモデルですが、高めのリスクをとって高いリターンにしたり、リターンは小さくなるけどリスクを極力抑えて確実に増やしていく「リスク許容度」が自身で設定できます。
私の投資額はまだ金額も少ないので浮き沈みを許容してリスク許容度を一番高いものにしています。

低額から始められる

twitterなどで見ていても周りは「最低100万円ほどで運用しています!」など言われていますが、WealthNaviは10万円から投資を始められるのも特徴の一つです。
10万円を入れた後は自動積立も何もしないで10万円のまま運用することも可能なので、自身の経済状況に合わせて調整できるのも便利ですね。

私も様子を見たかったので最初は10万円だけ入れてリスク許容度を一番高くして1ヶ月ほど様子見しました。

シミュレーションができる

シミュレーションができる

このまま投資を続けた場合に、10年後にいくらになっているかの確率などのシミュレーションを出してくれます。
10年後の目標額があるなら、毎月の最適な積立額や利益を計算してくれるので目的に沿った投資ができるのが良いですね。

WealthNavi(ウェルスナビ)

預かり資産、運用者数No.1のロボアドバイザー。今ならキャンペーン開催中!

WealthNavi(ウェルスナビ)はこんな人におすすめ!

WealthNavi(ウェルスナビ)はこのような方におすすめです。

  • 時間が取れない人
  • 投資に対する知識がない人
  • 長期的に資産を増やしたい人

とにかく投資に興味はあるけど時間が取れない人や長期的に少しずつ利益を出したい人が向いています。
運用目的としては、自身の老後の資金やお子さんの学資として、または将来的に住宅購入のためなどに向いているかと思います。

長期的に利益を出すタイプなので我が家では学資保険の代わりとして毎月約1万円の自動積立で運用しています。
逆にいうとすぐにリターンが欲しい人はあまり向いていません。

始める前の注意点

WealthNaviの特徴を伝えましたが、始める前に知っておくべきこともあるので下記をご覧ください。

手数料がやや高く感じる?

各種手続きの手数料は無料と伝えましたが、1つ手数料がかかるものがあります。
それが預かり金に対して年1.0%かかることです。
100万円預けていた場合、年間で1万円を取られるということです。
しかし全ての運用を自動でやってくれて、こちらの手間が一切かからないと思えば個人的には妥当だと思います。

元金割れのリスクももちろんある

ローリスク・ローリターンと言いましたが、もちろん100%利益が出るわけではありません。
もちろん普通の投資に比べれば利益額が少なくても損をしにくい傾向はあります。

我が家のWealthNavi運用状況

我が家のWealthNaviの運用状況

我が家も2019年1月から10万円で運用を開始して、現在の投資額は36万円になり2019年12月時点で+10.67%になりました。
手数料の1.0%を引いても9.67%の利益が出ています。
運用額が100万円と仮定すると9.67万円の利益ですね。
これがメガバンクの定期預金だったら0.01%ほどなので、100万円預けたら100円ですよ(笑
その利益額の差は約967倍ですね。
これを知ったら貯金の方法を考えないと損してしまいますね。

WealthNavi(ウェルスナビ)

預かり資産、運用者数No.1のロボアドバイザー。今ならキャンペーン開催中!

まとめ

投資に興味があるけどまだ不安を持っている方にはWealthNavi(ウェルスナビ)は本当にオススメです!
まずは投資額を最低額の10万円から始めてみて、あまり合わないようだったらすぐに全額出金して辞めても良いですね。
登録も解約も全て簡単なのでぜひ試してみてください。

WealthNavi(ウェルスナビ)

預かり資産、運用者数No.1のロボアドバイザー。今ならキャンペーン開催中!

-

この記事を書いた人はこの人

Tom_father

神奈川県在住の日本人です。2019年よりフリーランスをしている4人家族の父です。2017年に戸建てを購入したことをきっかけに資産管理(節約や副業などでの収入増加)を本格的に始めました。様々な節約法や収入を増やす方法を自分も体験しながら紹介します。

関連記事

iDeCoの受け取り方法はどれがお得?税金の計算方法も紹介。

iDeCo(イデコ)の受け取り方法はどれがお得?税金の計算方法も紹介。

iDeCoを運用してる人もこれから運用する人も受け取る時にどれくらいのお金がかかるか理解できています …

固定費とは?固定費を節約するためのコツ

固定費とは?固定費を節約するためのコツ

節約をしたいと思った時、まず初めに注目するのが固定費。 固定費の代表としては光熱費やインターネット料 …

毎日の大変・面倒な離乳食を簡単にするためにやっていること〜楽するための冷凍保存レシピ〜

子供が1人の時は、時間をかけて離乳食を作っていましたが、2人目が生まれて少しバタバタに。時間と手間の …

2人(3歳・0歳)育児中の面倒くさがり主婦の簡単!時短!下味冷凍レシピ〜もも肉編〜

2人の子供がいるととにかく簡単に時短にしたい私。 特にご飯!毎日のご飯を簡単に作ることができれば、時 …

サラリーマンが平日にできるランチ・グルメ節約術!

サラリーマンが平日にできるランチ・グルメ節約術!

サラリーマンの方の約61%はお小遣い制と言われていますが、毎月のお小遣いは足りていますか? やりくり …