ワイモバイル(Y!mobile)で携帯代の節約!ワイモバイルのおすすめポイントを紹介

ワイモバイル・ヤフーカード

ワイモバイル(Y!mobile)で携帯代の節約!ワイモバイルのおすすめポイントを紹介

最近、5Gという「高速大容量」「高信頼・低遅延通信」「多数同時接続」が特徴の新しい通信システムが話題になっていますね。

早くていっぱいインターネットができる分、携帯代はどんどん高くなっていませんか?

「もっと携帯代を節約したい」と思っている方におすすめしたいのが、ワイモバイル(Y!mobile)です!
月々の携帯代を抑えて通信速度を安定的に受けられます。

そんなワイモバイルのおすすめポイントを紹介していきます。

こんな人におすすめ!

ワイモバイルはこんな方におすすめです。

  • 月々のデータ通信量が多くない人
  • 電話セットで料金を抑えたい人
  • 通信速度を下げたくない人

他社キャリアのように毎月50GB使える!と言われても「そんなに使ってないから、その分安くしたい」という人も相当数いるみたいですね。

ワイモバイルとは?

ソフトバンクの子会社であるワイモバイル株式会社が運営する格安スマホ、格安SIMを提供する携帯会社です。

ワイモバイルの大きな特徴は何と言ってもやはり「安さ」と「速さ」です!
ソフトバンクの子会社なので通信電波もソフトバンクと同様の回線を使用しています。

料金プラン

ワイモバイルの料金プランは大きく分けてS、M、Rの3つです。

ワイモバイルの料金プラン
プラン名 S M R
〜6ヶ月まで 1,980円 2,980円 4,680円
6ヶ月以降〜 2,680円 3,680円 4,680円
データ通信量 3GB 9GB 14GB

他、携帯キャリアが50GB使い放題などと謳っている中、3GB〜14GBでプラン展開しているのがワイモバイルの特徴です。
他キャリアの場合、50GBもあるけど実際はそこまで使っていない人が多数です。
ただし割引を適用するためにはこの50GBのプランに入らないと適用できないため加入者が非常に多くいます。

下記の条件で他社携帯キャリアと料金プランを比較してみましょう。

  • 月々のデータ通信量は9GB
  • 家族割などなし
  • 光回線の契約なし
  • 2年契約なし
  • 5分以上の通話し放題
他社携帯キャリアとの料金比較
携帯キャリア ワイモバ ドコモ au
〜6ヶ月まで 2,980円 7,348円 5,900円
6ヶ月以降〜 3,680円 8,448円 6,900円

いかにワイモバイルが安いかがわかりますね!!
ワイモバイルの場合は、この料金に1回10分以内ならかけ放題も含まれています。

他社キャリアの場合、10GB未満のプランとなると1〜4GBになり、通信量が足りないという人が多いですが、ちょうど7〜10GBでプランがあるのはデータ通信量を多く使いすぎない人からすると非常にありがたいですね。

ソフトバンク光とセットで更にお得に

ワイモバイルは「ソフトバンク光」に加入するとセット料金として割引を受けることができます。
1人契約ごとに500円割引が適用されます。

家族で加入すると2台目以降500円割引

家族でワイモバイルを使うと2台目以降は500円の割引になります。

例えば夫婦で加入した場合は、奥様の携帯代金から500円が割引されます。
旦那様の携帯代金は変わりません。

そのためワイモバイルを使う場合は家族で加入するのがおすすめです。
2台目以降の割引は契約中ずっと適用されるのも嬉しいポイントですね!

家族の割引の適用範囲

家族割を適用するためには下記の条件を満たすことが必要です。

ご家族(血縁・婚姻)、または同姓、もしくは同住所(生計を同じくしている)であることが確認できること。
お手続きには家族確認書類が必要となります。

そのため自分のご両親もワイモバイルに入っていると割引の適用対象となります。

下取りプログラム

他キャリアからワイモバイルに乗り換える際に、今まで使っていた端末を下取りしてくれます。
あまりにも古い端末だと無理ですが、iPhoneの場合はiPhone 5sから下取りが可能です。

不要になった端末の処分などの面倒もないので、下取りしてしまうことをおすすめします。

下取り対象端末一覧

通信速度

格安SIMだと多いですが、料金が安くなる=通信速度が遅いというイメージを持っている人が多いです。
ですが、ワイモバイルはソフトバンクの電波を利用しているため、通信速度は安定的でかつ速度も早いです!

他キャリアと格安SIMでの通信速度の比較図になります。

下り(ダウンロード)ではソフトバンクに続いて第二位の速度になります。


上り(アップロード)では6位に。
ただし大手キャリア間でも下りほどの大きな速度差は見られなかったので、日常的に使うのに問題ない速度です。


引用元:PRTIMES

時間帯別での通信速度も大手キャリアと同様に常に一定の速度を保っているので、通勤やお昼休みなどでも快適に利用できます!
これでも大手キャリアの半額ほどで使えるってすごくないですか?!

取り扱い機種

ワイモバイルが取り扱っている製品は少し前の「型落ち」した製品が多いです。

iPhoneの場合は、iPhone 7とiPhone 6Sが対象になります。
androidの場合は、Xperia 8やHUAWEI P30 Liteなどがあります。

ワイモバイルの安さの理由は取り扱い機種が少し古く、性能も高くない物を選ぶことで、機種代を浮かせられてることが挙げられます。
ワイモバイル利用者からすると性能が高い機種で料金が上がるよりも、性能が多少見劣りしても料金が安いほうが嬉しいようです。

アフターサポート

ワイモバイルは全国に約1,000店舗を構えているため、何か困ったことがあれば店舗へ相談できるのはメリットです。
格安SIMの場合は、コールセンターのみの場合が多く、全然繋がらないことへの不満が多く寄せられています。

やはりワイモバイルに限らず大手キャリアも含めて、コールセンターはどこも繋がりにくい傾向があります。

SIMカードだけでも使える

大手キャリアと違い、ワイモバイルはSIMカードだけの契約も可能です。

大手キャリアの場合は、お店で気になった製品を選択して、データ通信量を選んで契約しますが、ワイモバイルは端末は自分で買って、データ通信だけワイモバイルを使うことが可能です。

ワイモバイルは製品が古いから新しい製品を違う所で買って、データ通信だけワイモバイルの安いプランを使うことができるのは大きな特徴ですね!
ちなみに我が家は私と妻はこのパターンで月々の料金を節約しています。

2年縛りなし!

携帯を契約する時にいつも付いてくる「2年縛り」。
2年以内に契約解除すると違約金がかかりますが、ワイモバイルなら違約金がないので他キャリアへの移動も簡単です。

他キャリアの場合、2年縛りはないものの2年契約にすると割引が適用されるサービスががあります。
しかし月額でいうと200円割引ほどでそこまで大きな割引ではないのであまりおすすめしません…。

逆に解約する時の違約金が高くなるので注意ください。

キャリアメールアドレスがある

大手キャリアの場合はdocomo.ne.jpなどメールアドレスがありますが、ワイモバイルも「yahoo.ne.jp」というメールアドレスが取得できます。
しかし格安SIMになるとメールアドレスがありません。

実店舗がある

インターネットだと分かりづらいことも店舗があるのでいつでも聞けるのはメリットです。
実際に対面で人に相談できるし、端末が壊れた時も修理に出せるのでサポート面でも安心できます。

テザリングも使える

格安SIMの場合、テザリングが使えない場合がありますが、ワイモバイルはソフトバンク系列なためテザリングオプションもつけることが可能です。
ワイモバイルは申込不要で月額料も無料になっています。

例えば家族3人で加入すると1,500円が携帯代金から割引されます。
家族で同じ携帯キャリを利用している家庭の場合は、ソフトバンク光に加入するとかなりお得になりますね!

Yahoo!プレミアム会員に無料でなれる

通常、月額500円かかるYahoo!プレミアム会員にワイモバイル会員だとYahoo!プレミアム会員に無料でなれます!

Yahoo!プレミアム会員とはYahoo!JAPANが提供するいくつかのサービスをお得に使えるサービスです。
PayPayボーナスライト(期間限定ポイント)を通常よりも多くもらえたりするので、お買い物が圧倒的にお買い得になります!

Yahoo!ショッピングが+5%

Yahoo!ショッピングが+5%
Yahoo!プレミアム会員になるとYahoo!ショッピングでのポイントが+5%になります!
商品数は51億個あると言われた国内最大級の通販サイトです。

ポイントの内訳はこちら

  • ストアポイント:1%(Tポイント)
  • 会員特典ポイント:4%(PayPayボーナスライト)

その他にもYahoo!JAPANの提供するLOHACOやYahoo!トラベル、GYAO、PayPayモールも全て+5%の対象となっています!

本来は月額500円かかるくらいなのでかなり優遇されるのは当然ですよね。

管理人の使い方

私はワイモバイル歴3年になります。

当時はiPhone SEがワイモバイルでの最新版でした。

妻と一緒に加入したので家族割と下取りプログラムを利用して毎月500円引きを受けていました。
私は通勤で東京まで行っており、約2時間移動の中で使っていますが、繋がりにくいエリアはあるもののほとんどストレスを感じることなく利用できています。
繋がりにくいエリアは他キャリアも繋がりにくい状態でした。

また、我が家にはWi-Fiもあるのでデータ容量も9GBでも余るくらいです。

2年ちょっと経った時にiPhone SEの電池消費が早くなったので、端末だけ新しく買ってSIMカードはワイモバイルをそのまま継続しています。
端末は一括で購入したので月々の携帯代は3,600円ほどです。

ただし、SIMフリー端末に移行する場合はワイモバイルでSIMロック解除の手続きが必要になるので、その点だけご注意ください。

管理人からの一言

SNSや動画を外でも見る人でない限りデータ通信量は10Gくらいでもちょうど良いと思います。
携帯代も積み重なるとばかにならない金額なので、これを機に見直してみてください。

-,

この記事を書いた人はこの人

Tom_father

神奈川県在住の日本人です。2019年よりフリーランスをしている4人家族の父です。2017年に戸建てを購入したことをきっかけに資産管理(節約や副業などでの収入増加)を本格的に始めました。様々な節約法や収入を増やす方法を自分も体験しながら紹介します。

関連記事

ワイモバイル会員ならPayPayの支払い方法は「まとめて支払い」で0.5%+クレカ支払い分ゲット!

ワイモバイル会員ならPayPayの支払い方法は「まとめて支払い」で0.5%+クレカ支払い分ゲット!

皆さんはキャッシュレス化が急速に進んでいますが、うまく活用できていますか? 現金を使う機会が減って、 …

ヤフーカードはポイント還元率を大幅アップできるクレジットカード!

ヤフーカードはポイント還元率を大幅アップできるおすすめクレジットカード!

日頃から使うメインクレジットカードは何にしたら良いか迷いますよね。 カードを多く持つのもポイントが分 …