あしたでんきの料金は安い?料金計算と確認方法を徹底解説!

あしたでんきの料金は安い?料金計算と確認方法を徹底解説!

あしたでんきはサービス終了します

2022年4月27日にあしたでんきは提供会社の都合によりサービス終了になるお知らせが出ました。他に電力会社を検討したい人は「エネチェンジ」を使うとお得な電力会社が見つけられます。

エネチェンジで電力比較を行う

「あしたでんきって本当に安いの?」「一人暮らしだと申し込めないの?」といった疑問にお答えします!

あしたでんきは「基本料0円」「違約金がかからない」「わかりやすい料金プラン」として新電力の中でも注目を集めています。

そのため大手電力会社を利用してる場合は乗り換えることで月々の電気代を節約することは可能です。

面倒な人は先に結論!
  • 基本料0円
  • 契約手数料、違約金、解除料も0円
  • 従量料金は固定
  • 特にファミリー層におすすめ

「あしたでんき」とは?

「あしたでんき」とは?
参考:「あしたでんき」公式

「あしたでんき」を運営しているのは「TRENDE株式会社」で、実は東京電力ホールディングスが設立したサブブランドです。

そのため大手電力会社で培った知識とグループ会社だからこそできるフットワークの軽さを活かして電力のあり方を変えていくようです!

シンプルでわかりやすい」をコンセプトにしており、料金プランや契約年数の縛りなどもないので非常にシンプルな所も人気の秘訣です。

電気の供給エリアは大手電力会社と同じように下記の通りです。

  • 東京電力
  • 東北電力
  • 中部電力
  • 関西電力
  • 中国電力
  • 九州電力

しんち
しんち

電力会社によっては供給エリアが狭いけど、あしたでんきは全国対応してるから誰でも申し込めるね!

あしたでんきの料金プラン

あしたでんきのプランは2つで、利用人数や毎月どれくらい使うかによって最適な料金プランが変わってきます。

どちらのプランも従量料金が一律なので電気をどれだけ使っても1kWhあたりの単価は同じです。

「300kWh以上使うと単価が安くなる」といった料金形態が他サービスではありますが、あしたでんきはシンプルな料金を実現してるため一律料金になっています。

標準プラン(一人暮らしや一般ファミリー家庭向け)

あしたでんきの「標準プラン」は一人暮らしや一般的なファミリー向けのプランです。
具体的にはアンペア数が15〜30Aで月々の従量が50〜300kWhほどの方々が対象です。

電力会社基本料従量料金 / 1kWh
東京・東北・中部電力エリア0円一律26.0円
関西電力エリア0円一律22.0円
中国電力エリア0円一律24.0円
九州電力エリア0円一律23.0円
あしたでんきの標準プランの料金内訳

標準プランの場合はどこの電力会社エリアであっても基本料0円です。
ご契約するエリアによりますが22〜26円が相場になっています。

たっぷりプラン(大家族やペットがいる家庭向け)

たっぷりプランは家族が多いご家庭やペットがいて電力を比較的多く使う方におすすめのプランです。

電力会社基本料従量料金 / 1kWh
東京・東北・中部電力エリア3,000円一律21.5円
関西電力エリア3,000円一律19.5円
中国電力エリア3,000円一律24.0円
九州電力エリア3,000円一律23.5円
あしたでんきのたっぷりプランの料金内訳

標準プランとの違いは基本料が3,000円かかるものの従量料金がやや安くなっています。

あしたでんき

基本料0円で一人暮らしもファミリーもお得な電力会社。安心の東京電力のサブブランドで全国対応!

あしたでんきを見る

あしたでんきの料金と大手電力会社を比較

あしたでんきの申込みを検討するにあたって大手電力会社との料金の比較をしていきます。
今回は東京電力との比較となります。

一人暮らしで「あしたでんき」にした時の料金比較

まずは一人暮らしであしたでんきを使った時の比較です。
前提条件は下記の通りです。

  • 月々185kWhの利用量
  • アンペア数は20A
項目あしたでんき東京電力
基本料0円572円
従量料金(1〜120kWh)26.0円19.8円
従量料金(121〜300kWh)26.0円26.6円
合計金額4,810円4,638円
一人暮らしのあしたでんきの料金比較


一人暮らしで電気の使用量が少ない場合は大手電力の方がお得ということがわかりましたね!
東京電力の場合、1〜120kWhの従量料金が7円/1kWhの差があるのでこれは大きいですね。

一人暮らしの人が乗り換えた方が良いパターン

月々の電気使用量が195kWh以上の人はあしたでんきの方が電気代がお得になります!

一人暮らしでもリモートワークや日常的に電気を多めに使う人は乗り換えたほうがお得になります。

4人家族で「あしたでんき」にした時の料金比較

続いてご家族が複数名いる場合の電気代の比較です。
ご家族の年齢や生活スタイルによって電気の使用量は変わりますが、今回はあくまでも平均値として計算してみます。

  • 月々458kWhの利用量
  • アンペア数は40A

項目あしたでんき東京電力
基本料0円1,144円
従量料金(1〜120kWh)26.0円19.8円
従量料金(121〜300kWh)26.0円26.6円
従量料金(301kWh〜)26.0円30.5円
合計金額11,908円13,127円
4人家族のあしたでんきの料金比較

4人家族の場合はあしたでんきにすることで月々に約1,219円も節約することができることがわかりました!
年間にすると14,628円もお得なります!!

東京電力の場合は、301kWh〜といった電気の使用量が増えるごとに単価が上がっていくため、電気を多く使う人はあしたでんきの方がお得であるがわかりますね。

4人家族の人が乗り換えた方が良いパターン

月々の電気使用量が約240kWh以上の人はあしたでんきの方が電気代がお得になります!

4人家族で240kWh以上というとほとんどの人が該当するんじゃないでしょうか。
その中で特に電気を多く使う人はその分だけ節約効果が高いということですね。

たっぷりプランは700kWh以上の人がおすすめ

あしたでんきには2つのプランがあり使用量の多い人は基本料がかかる「たっぷりプラン」がおすすめです。

具体的な使用量の目安としては700kWh以上利用する人は基本料がかかりますが、従量料金の安い「たっぷりプラン」だと結果的にお得になります。

あしたでんきはガスとのセットプランはなし

あしたでんきは現在ガスとのセットプランはありません。
ただし電力会社とガス会社をセットにすることで必ずしもお得になるわけではありません。

電力会社をあしたでんきにしたいと思っている場合にガス会社をどこにすれば良いかはこちらの記事を参照ください。

あしたでんきはガスとセットにできる?おすすめの組み合わせを解説! あしたでんきはガスとセットにできる?おすすめの組み合わせを解説!

料金・使用量確認はウェブからリアルタイムで可能

あしたでんきの料金確認は基本的にWebサイトから閲覧可能です。
電気の使用量に関してはリアルタイムでどれくらい使っているかが確認できます。

マイページからログインして閲覧できます。

リアルタイムで見られるのでエアコンを使いすぎたなどに早めに気づけば翌日から対策できるので節約することもできますね。

まとめ

あしたでんきの料金について解説してきました。
ファミリーのご家庭ではほとんどの人がお得になることがわかりましたね!

電力会社の見直しはスマートメータがついてるご家庭であれば工事の立ち会いなど一切不要で簡単に切り替え可能です。

「品質が不安なんだよね」と思う人は東京電力のサブブランドである「あしたでんき」を検討するのも良いかもしれませんね!

あしたでんき

基本料0円で一人暮らしもファミリーもお得な電力会社。安心の東京電力のサブブランドで全国対応!

あしたでんきを見る