面倒くさがり夫婦の節約ブログ

面倒くさがりなサラリーマンの夫と育休中の妻が手間をかけずに簡単に収入を増やしたり支出を抑えるための節約ブログです!

育毛

投稿日:2019年10月3日 更新日:

髪の毛を増やすために必要な食べ物!健康的に発毛・育毛するために必要な食事とは?

髪の毛を増やすための食べ物10選。健康的に発毛・育毛するために必要な食事とは?

昔は髪の毛を生やすためにはワカメが良い!なんて話がありましね。
実際はワカメを食べても髪の毛は生えてきません(笑
しっかりとなぜ良いのかを理解しながら少しずつ意識的に摂取していきましょう。

本記事の内容

  • 効率的に育毛するための食事
  • 髪の毛に良い栄養素の理解

そもそも食べ物で髪の毛は生えるの?

生えます。というと語弊がありますね。
食べ物によっては頭皮を詰まらせたり、髪の毛の成長を妨げる栄養素なども存在します。
逆にいうと髪の毛を成長させる栄養素も存在しており、その栄養素を効率的に摂取することで太くて丈夫な髪を育てることが可能になります。
今回は太くて、コシのある髪の毛を作るために大事な食べ物について紹介します。

発毛・育毛に必要な3大栄養素

髪の毛に良い栄養素というのは「肌に良い栄養素」と理解してください。
毛根から生まれる髪の毛の細胞は皮膚の細胞に近く、ケラチンというタンパク質から構成されているからです。

髪の毛を増やすために必要な栄養素とは「タンパク質」、「ビタミン」、「ミネラル」の3つが重要になってきます。
今どれくらい意識的にこの3つの栄養素を取れていますか?私はこれを知るまではタンパク質だけ意識していませんでした。
特にミネラルが髪の毛に良いことも知りませんでしたし、ミネラルはどんな食事に含まれているのかも知りませんでした。
皆さんもこれからでも意識して行きましょう。それではそれぞれの栄養素について説明していきます。

タンパク質は「鶏肉」「魚」「大豆」がおすすめ!

髪を増やすのに大切なタンパク質

タンパク質とは髪の毛だけでなく、体全体を構成するために必要な栄養素です。


引用:頭痛めまい肩こりに特化した 野木整骨院

タンパク質は「アミノ酸」の集まったものです。
タンパク質は筋力を構成したりするだけでなく、代謝やホルモン、免疫向上に必要な栄養素となります。
よく筋力トレーニングをしている人が飲んでいる「プロテイン」もこのタンパク質になります。
そのため肌にハリやツヤを出すのと同じように髪の毛を構成するためにも必要な栄養素となります。

タンパク質が豊富な食材ランキング

1位:肉類(鶏肉、豚肉、牛肉など)
2位:卵
3位:乳類(牛乳など)
4位:魚
5位:大豆

第1位は肉類です。
代表的なものだと鶏のササミやムネ肉が有名ですね。ササミはタンパク質が豊富でオススメですが、水気が少なくパサパサした食感が苦手な人も多いようですね。
私はササミは大好物なのでササミ肉を茹でてネギを千切りして中華ドレッシングであえた棒々鶏サラダみたいにしたり、ムネ肉は自家製サラダチキンにしたりして食べています。
日常的に料理をする時間がない方は、コンビニのサラダチキンを購入したりするか肉類以外の乳類(牛乳、ヨーグルト)や大豆(豆乳)など摂りやすい食事に変えてもいいですね。

どれくらい摂取するといいの?

タンパク質が必要と話しましたが、実際はどれくらい摂取したら良いのでしょうか。
一般的には体重1kgあたり0.8gと言われています。
例えば体重が70kgある場合は約56g/日以上が推奨摂取量となります。
ただしあくまでも一般的な見解であって、運動状況やストレス状況などによって異なります。
それは前述の通り、体を構成している栄養素なだけに体への負担が多い方は少し多めに取らないと処理できないためです。

また日本人はタンパク質の平均摂取量が年々減少しているため、意識して多めに取るように心がけましょう。

ビタミンは「魚」「フルーツ」「野菜」がオススメ!

髪を増やすのに大切な野菜

ビタミン全般に髪の毛を育てやすい頭皮環境を構成する働きがあります。
いくつもあるビタミンの種類の中でも、ビタミンB2やB6には毛母細胞の活動を活性化したり皮脂分泌量の調整をしてくれます。
更にはビタミンEには血管の拡張する働き、ビタミンCは一緒に摂取することで栄養素を効率的に摂取する役割を持っています。

ビタミンが豊富な食材

うなぎ、青魚、卵、ごま、レモン、キウイなどのフルーツなど。
ビタミンは種類が多いため、それぞれ細かく摂取するというよりも、魚を中心としてフルーツや野菜を摂取すると効率的に摂取できます。

ミネラルは「牡蠣」「レバー」「貝類」

ミネラルは「鉄」と「亜鉛」より構成されており、特に亜鉛は必須ミネラルと言われ髪の毛を構成するのに重要な役割を持ち、更にはうつ病にも効果があるとされています。
また、AGAの原因である5αリダクターゼの働きを抑制する効果があります。

ミネラルが豊富な食材

髪を増やすのに大切なミネラル(亜鉛)

亜鉛でミネラルを豊富に含んでいるのが牡蠣です。
その他にはレバーや大豆、貝類、チーズ、アーモンドにも含まれています。
鉄を多く含む食材だと、レバー、赤身肉、海藻、納豆などになります。
冒頭で触れたワカメは海藻ということでここにありましたね(笑

この亜鉛はスナック菓子やインスタントラーメンなど加工食品を摂取すると、
吸収を妨げる役割があるので、できるだけ加工食品を取る頻度も下げることをおすすめします。

亜鉛の摂取推奨量は成人男性の場合は10mg/日とされています。
ただし過剰摂取には気をつけてください。
50mg/日ほど摂取するとイライラや不安感が出やすくなると言われています。

この亜鉛はビタミンの吸収をサポートしてくれる役割も持っているため、両方をバランスよく摂取することで更に効率的に栄養を摂取することができます。

サプリメントなどで補うのもあり

食事で必要量を取るのが難しい場合は、サプリメントを使っても問題ありません。
薬局などで亜鉛やビタミンなどのサプリメントが販売サれているので、そちらもうまく使いながら毎日の必要量を取るようにしましょう。

逆に控えたほうが良い食べ物や飲み物

髪の毛に良い食べ物はわかりましたが、逆に控えたほうが良い食べ物を紹介します。

アルコール飲料

晩酌など毎晩飲む方もいますよね。私も毎晩必ず1杯以上のお酒を飲みます。
アルコールは嫌なことを忘れさせてくれるなど気分転換に使える反面、アルコールはビタミンB1を使ってアルコール分解します。
そのためせっかく食事で摂取したビタミンを減少させてしまいます。
アルコールの摂取量によって異なりますので、過剰摂取は控えるようにしましょう。

辛いものなどの刺激物

辛いものなどの刺激物は汗を出して活性化させる効果もありますが、体の中から刺激を与えているため体の中で処理することにエネルギーを使います。
少し辛いものであれば問題ありませんが、激辛などの刺激物は極力避けるようにしてください。

脂肪分の多い食材

脂肪分の多い食材は、皮脂の量を増やし毛穴を塞ぎ髪の毛の成長を妨げる効果があります。
主にフォアグラやあん肝、白子などの肝臓系の食材になります。

油分の多い食材

揚げ物やジャンクフードとされているハンバーガーなどになります。
油分も脂肪分と似ており、頭皮を清潔に保つのを阻害してくる要因になります。
私自身も唐揚げやとんかつが大好物なため、控えなくては日々思っているものの、つい手を伸ばしてしまいますね…

まとめ

それぞれの栄養素について説明しましたが、どれかを摂取してれば良いわけではなく規則正しくバランスよく摂取しましょう。
説明した食材を集めると彩りもしっかりとあり、食材にも偏りのない食事が求められていることがわかりますね。
「髪の毛を生やすため」にというよりも「健康な体を作るために」を考えて食生活を変えていくと髪の毛を増やすことに繋がります。

まずは食生活が整えられていない人は、健康的な食生活を少しずつ取り入れて実践していきましょう!

-育毛
-,

この記事を書いた人はこの人

Tom_father

神奈川県在住の日本人です(笑)。東京都内でサラリーマンをしている子供2人の4人家族。2017年に戸建てを購入したことをきっかけに資産管理(節約や副業などでの収入増加)を始めました。様々な節約法や収入を増やす方法を自分も体験しながら紹介します。

関連記事

頭皮マッサージで男性のハゲ・薄毛対策!節約しながら実践できるマッサージ方法

頭皮マッサージで男性のハゲ・薄毛対策!節約しながら実践できるマッサージ方法

頭皮を清潔に保つためには、食生活や睡眠時間、運動など生活週間全体の見直しが必要です。 ですが、時間が …

節約しながら男性のハゲ・薄毛対策!お金をかけずに髪を増やす(育毛)方法

節約しながら男性のハゲ・薄毛対策!お金をかけずに髪を増やす(育毛)方法

最近、加齢のせいか髪の量が減ってきた、ハゲてきたと感じていませんか? 周りに相談しても「そうかな?」 …