面倒くさがり夫婦の節約ブログ

面倒くさがりなサラリーマンの夫と育休中の妻が手間をかけずに簡単に収入を増やしたり支出を抑えるための節約ブログです!

節約術

投稿日:2019年2月26日 更新日:

面倒な保険選びはプロに任せて節約しよう!FPへの相談が最短距離

面倒な保険選びはプロにお任せ!FPへの無料相談のすすめ

月々の保険料を高いと感じたことはありませんか?
自分と妻と子供、住宅やペットや車など万が一に備えた保険はたくさんあってどこまで保障をつけたら良いか悩みますよね。
今回は私も保険選びが大変だったので、面倒なことを省いて保険を見つけるための方法を紹介します。

2019/3/10にまた見直しました

我が家では約2年ぶりに保険の見直しをしました。
子供を保険に入れるかという点と自分たちの保険で安くしたいと思い相談しました。
私が禁煙を始めたこともあり、従来と同じ保障内容で月2,000円以上も安くなりました。
また、保険も新しい商品など出てくるため、同保障でも前よりも値段がオトクな商品も続々出てきます。
妻も一緒に見てもらい今まで保障が手厚すぎた点を最適にして、そちらも月2,000円ほど安くなったので、トータルで月4,000円前後の節約になりました。
年間にすると48,000円…。意外と大きいですよね。固定費の見直しの重要性を改めて感じました。

日本人の約8割は保険に加入している


(出典:平成28年度 生命保険文化センター「生活保障に関する調査」)

若い20代は死のリスクが比較的低く意識も低いため50%前後と加入率は低めですが、病気のリスクを考えたり家庭を持ち始めたりし始める30代から80%を超えてきます。
また、平均死亡保障額(死亡時に支払われる費用)は女性の場合は794万円、男性は1,793万円と男性が約2倍の保障額を設定しています。

保険の基本的な仕組み

保険の仕組みを細かく理解しようとすると知っておくべきことが多くなってしまうので基本的な考え方だけでも理解しておきましょう。

加入年齢が遅くなると基本料が上がる

例えば、20歳と30歳の2人が同じ時期に同じ内容の保険に入るとしましょう。
すると金額の差はこういった形になります。

20歳:3,000円
30歳:6,000円

年を取るごとに死亡リスクが高まるため、月々の料金は高くなっていきます。
また、がん保険や生命保険では、健康状態によっては途中から加入できないというリスクもはらんでいるので気をつけましょう。

ライフステージが変わったら見直しのタイミング

保険の見直しは常に考えておくと良いものではありますが、いちいちアンテナを貼ってるのも面倒なので、私はライフステージが変わった時だけ見直しをしています。
具体的には結婚、出産、進級、進学、転職、定年退職などのタイミングですね。
そこに加えて自身の体調面の不安や家族の健康状態で不安な点が出てきた場合は一度FP(ファイナンシャルプランナー)と呼ばれるプロに相談しています。
このFPとは保険に限った話ではなく、資産管理全般のプロになるので投資の知識なども豊富に持ち合わせています。
また、難しい試験を通過しているだけあって賢い方が多いです。
私は保険の知識が乏しいことと調べるのが面倒なので(笑)、不安に感じている点だけ伝えてFPと一緒に現在申し込んでいる保険と合わせて見直しをしています。

アメリカではFPを利用するのは一般的

ちなみに日本では馴染みの薄いFPですが、アメリカではホームドクターや法律の専門家である顧問弁護士と並び、家庭の3大アドバイザーの一つと言われています。

FP相談ってこんな点が不安

保険選びで不安になる点は「保険を契約しないといけない」や「会社の利益が高い商品を売られる」というイメージってありませんか?実際に私はありました(笑
しかし保険相談時にFPがやってはいけない制約があるのをご存知ですか?
例えば相談者が興味を持っていない保険をオススメしたり、FPからどこかの商品を贔屓して勧めることが原則禁止されています。これは相談者を守るために保険業法というものがあるので、先ほどの不安な点は払拭できると思います。

手間とコストをかけないのであればまずは無料相談

自分で調べきることの限界を感じて物は試しで無料相談サービスを利用しました。
結果は大満足で時間をかけずに保険を決める事ができました。
面倒なことが嫌いな私にはぴったりでした(笑
先ほど賢い方が多いという話をしましたが、私の場合は店長がついてくれたので知識と経験が豊富で、同じような保障内容でも「もっと安いのあったはず!待ってくださいね!」といろいろと探してくれました。

保険代理店は種類が多くて柔軟に提案がもらえる

例えば第一生命やオリックス生命など自社の保険しか取り扱ってない会社は自社の保険しか売ることができません。
ですが代理店ではその会社で取り扱っている複数社の商品を提案することができます。
すなわち第一生命の保険では料金や保障内容が合わない場合に他の会社の保険を紹介でき、納得した保障を得られる確率が高くなります。

おすすめの保険無料相談サービス

おすすめのポイントは全国での店舗数が多く、皆さんの家の近くにあるサービスを紹介しています。
また、知名度もあるお店なので安心して相談ができるのも特徴です。

■保険の窓口
詳しくはこちら

■保険見直し本舗
詳しくはこちら

■保険マンモス
詳しくはこちら

保険マンモスでは無料相談とアンケート回答で、
A5クラスの黒毛和牛をプレゼント実施中です。

■保険コネクト
詳しくはこちら
保険コネクトも保険マンモスと同様に人気商品をプレゼント中なので、
キャンペーン実施中に申し込むと更にお得ですね。

FPが合わない場合は伝えましょう

無料相談のメリットをお伝えしていきましたが、1点だけ忘れないでほしいのは、あなたは「最適な保険を探している」わけですが、紹介されたFPと気が合わないなんてことも多々あるかと思います。
そういった場合は企業側に率直に伝えましょう。実際に合わないFPがいると知人からも何度か聞くことがあるので、他のFPの提案が欲しい時や「この人、心配だなー」など思った場合は、同じ店または違う店で新しい担当者と話してみましょう。
そうしていいパートナーを見つけ出してください。

-節約術
-

この記事を書いた人はこの人

Tom_father

神奈川県在住の日本人です(笑)。東京都内でサラリーマンをしている子供2人の4人家族。2017年に戸建てを購入したことをきっかけに資産管理(節約や副業などでの収入増加)を始めました。様々な節約法や収入を増やす方法を自分も体験しながら紹介します。

関連記事

副業する前に!副業をするために事前に学んでおくべき基礎知識。

いざ副業を始めようと思ったとしても何から手を付けたら良いのか、どういう手順で進めるのかなどわからない …

お菓子代を節約!食パンの簡単おやつレシピをご紹介!

私はお菓子が大好きで休みの日はおやつの時間に食べたり、仕事中も間食を食べてしまいます。 ですが、お菓 …

面倒な節約はしない!ざっくりで始める簡単節約術4選

節約をしようと思い色々と情報を探していると「面倒くさがってはできない」や「まずは現状把握が大事」など …

インターネット通信費を抑える方法

本記事は下記2つの前提で記載しています。 戸建に住んでいる方 新規、または乗り換えの方 スマホの普及 …

節約につながるヒーターの選び方

戸建はやっぱり寒いので、ヒーターが欲しくて調べていました。 使用する部屋や赤ちゃんがいる家など、用途 …