面倒くさがり夫婦の節約ブログ

面倒くさがりなサラリーマンの夫と育休中の妻が手間をかけずに簡単に収入を増やしたり支出を抑えるための節約ブログです!

節約術

投稿日:

ボーナス(賞与)の支給日と平均額と使い道ランキング

ボーナス(賞与)の支給日と平均額と使い道ランキング

これから梅雨が始まり、湿っぽい季節が始まりますね。
そんな気分が沈みがちな季節ですが、ボーナスが支給されウキウキしている方も多いのではないでしょうか?
今年、企業に入社した方は初任給に続いて初めてのボーナス(賞与)ですね!
ボーナスは通常の給与よりも支給額が高い方が多く、日頃買えないような物を買えるチャンスになります!
私の初ボーナスは約10年ほど前ですが、通帳を掘り起こすと10万円ほどでした。
ボーナスがあるだけ良いじゃん!と友人などと話していた記憶がありますね(笑
金額はさておき新卒の頃はもらえるだけでも「社会人になったなー」や「嬉しい!」と感じたことを思い出します。

そんなボーナス(賞与)はいつ支給されるのか、また、同世代の平均額やボーナスの使い道について紹介します。

ボーナスの支給日はいつ?

一般企業に勤めている人と、国家公務員によって異なります。

【国家公務員】

夏のボーナス(賞与)
6月30日
冬のボーナス(賞与)
12月10日

【一般企業】

夏のボーナス(賞与)
7月初旬
冬のボーナス(賞与)
12月初旬

私も現在勤めている企業は一般企業ですが、夏のボーナスの支給日は6月10日ですし、前職の場合は7月中旬と企業によってマチマチです。
ですが、おおよそ大半の企業は夏のボーナスは6月〜8月、冬のボーナスは10月〜翌1月などのケースが多いようです。
夏と冬には世の中的には大きなサマーセールや年末セールがあるため、夏も冬も早くもらいたいという方は非常に多いみたいですね。

ボーナス(賞与)の平均額

一番気になるのは同世代の人はどれだけもらっているのかという所ですよね。
比較して自分は平均以上なのか以下なのかなども気にしてしまいますよね。

前提として年齢と会社規模、業種によって異なる

ボーナスの金額はひとくくりに年代だけで比べることができません。
年齢が同じでも会社規模が大きいとその分、賞与は高くなりやすい傾向があります。
その理由はまず1点目は賞与の支給額の基準になるのが「基本給」であり、会社規模が大きいと基本給のベースが高いためです。
ボーナスは基本給に対して評価の倍率をかけるのが一般的ですので、基本給が高ければその分、賞与のベースは高くなります。
2点目は先ほどの基本給の話と近いですが、金融業界や保険業界など市場が大きいと基本給が高いことが起因しています。
飲食業界とインフラ(水道、電気、ガス)を比較すると約10倍ほどの差も出たりしています。

年代別ボーナス平均額

では前提条件を踏まえた上で、早速それぞれの年代別ボーナスの平均額を見ていきましょう。

20代のボーナス平均額
22万〜33万円程度
私の初ボーナスの倍額ですね(笑)また第二新卒と呼ばれる人たちが多くいるように、転職も活発なこともありボーナスの支給対象外であることも少なからずあるようです。
30代のボーナス平均額
36万6,000〜62万2,500円程度
30代からは企業の中堅以上の役職になってくる方も多く、20代と比べると金額の幅が大きくなります。

参考:厚生労働省|毎月勤労統計調査(全国調査・地方調査)

こうは言うもののボーナスの全体的な平均額は年々、増加傾向にあります。
10年前、私の初めてのボーナスをもらった話を思い出しながら、今の新卒の人に話を聞くと金額は増えています。

ボーナスの使い道トップ5

そんなボーナスですが、周りではどういった使い道をしているのでしょうか。
ランキングを見ていきましょう。

【2019年ボーナス使い道ランキング】

第1位:預貯金(62.2%)
第2位:旅行(28.7%)
第3位:趣味(23.9%)
第4位:電化製品(21.1%)
第5位:外食などのグルメ(18.3%)

※複数回答含む
参考:マイナビニュース

日本の景気は良くなっていると言われていますが、皆さんまだまだお金に対する不安が拭いきれないのか預貯金をする人が70%もいるようです。
正直、こんなに貯金する人が多いとは思ってもみなかったですね。
日頃から節約している人も多いため、ボーナスの時くらいは好きな物を買いたいと思いきや、ボーナスをきちんと未来の資産として残す方が多いんですね。びっくり!
そんな中、我が家も車の購入を考えているため、2/3は預貯金に回すことになりそうです。

ボーナスで旅行に行こう!

使い道ランキング2位に輝いた旅行。日々仕事を頑張ったご褒美に温泉や避暑地でゆっくり過ごしたり、海外で遊び呆けたりと楽しいことがたくさんありますよね。
そんな旅行を考えている人におすすめのサービスを紹介します。

まとめ

我が家もボーナスを心待ちにしています(笑
皆さんはボーナスは何に使う予定ですか?
我が家は子供が小さいこともあり、旅行は行かずに洋服など欲しい物を少し買って残りは貯金する予定です。
ただし貯金をするのも銀行に預けるのではなく、Wealth Naviで投資信託に預けて長期的に貯めると思います。

初めてのボーナスなら恋人や家族に何かプレゼントしたりしてもいいですね。
ボーナスで自分へのご褒美として、また仕事を頑張るモチベーションを作るのも大事なことですね。

-節約術
-, ,

この記事を書いた人はこの人

Tom_father

神奈川県在住の日本人です(笑)。東京都内でサラリーマンをしている子供2人の4人家族。2017年に戸建てを購入したことをきっかけに資産管理(節約や副業などでの収入増加)を始めました。様々な節約法や収入を増やす方法を自分も体験しながら紹介します。

関連記事

副業する前に!副業をするために事前に学んでおくべき基礎知識。

いざ副業を始めようと思ったとしても何から手を付けたら良いのか、どういう手順で進めるのかなどわからない …

節約につながるヒーターの選び方

戸建はやっぱり寒いので、ヒーターが欲しくて調べていました。 使用する部屋や赤ちゃんがいる家など、用途 …

節約しながら面倒な写真のプリント印刷するならネットプリントが断然おすすめ!

節約しながら面倒な写真のプリント印刷するならネットプリントが断然おすすめ!

スマートフォンが普及して日常的に写真を撮ることが増えてきた今日この頃。 もうすぐ卒業や新学期、新しい …

毎日の大変・面倒な離乳食を簡単にするためにやっていること〜楽するための冷凍保存レシピ〜

子供が1人の時は、時間をかけて離乳食を作っていましたが、2人目が生まれて少しバタバタに。時間と手間の …

固定費を見直す3つの考え方

毎月、必ずかかる費用を固定費と呼びます。固定費の代表としては光熱費やインターネット料金、保険などが挙 …