楽天ペイならいつでも最大1.5%還元!ポイントがすぐつかない理由と付与日など解説

楽天ペイならいつでも最大1.5%還元!ポイントがすぐつかない理由と付与日など解説

キャッシュレス化がどんどん進み、大手コンビニではスマホ決済に対応しており、その他にも使えるお店が続々と拡大しています。

あなたは今、どのスマホ決済を使用していますか?
今回はやはりポイントに強い楽天が出している「楽天ペイ」が注目されています。

この記事では楽天ペイの支払い方法の解説と支払い方法ごとのポイント還元率について解説します!
楽天ペイでポイントを最大化するための方法について知りたい人や、そもそも「チャージ払いってなに?」といった人にわかりやすくまとめています。

楽天ペイとは?

楽天ペイ

楽天ペイ

楽天ポイントが貯まって使えるQRコード決済。ポイント還元率最大1.5%と高還元でSuicaチャージでもポイントが貯まるお得なアプリです!

楽天ペイとは楽天市場を提供する楽天株式会社の子会社「楽天ペイメント株式会社」の提供する決済サービスです。
楽天の決済方法では「楽天edy」「楽天ポイント」などが有名かと思います。

この楽天ペイの最大の特徴は「ポイント還元が高い」「楽天ポイントとの二重取り」です!

楽天ポイントに対応したお店も増えてきたため、ポイント二重取りできる店舗も多くなりました。
そのため楽天ペイの基本的なポイント還元率をきちんと把握しておきましょう。

楽天ペイのチャージや支払い方法など使い方をレクチャー 楽天ペイのチャージや支払い方法など使い方をレクチャー

楽天ペイの支払い方法別ポイント還元率

楽天ペイは支払い方法によってポイント還元率が異なります。

結論としては「楽天カードからチャージして、チャージ払いする」が最もお得な支払い方法です。

それぞれの支払い方法別のポイント還元率は下記の通りです。

楽天ペイの支払い方法別ポイント還元率
支払い方法 チャージ元 ポイント還元率
チャージ払い 楽天カードから 1.5%
楽天銀行、ラクマ、楽天ウォレットから 1.0%
ポイント払い 楽天ポイントから 1.0%
楽天銀行口座払い 楽天銀行口座と紐付けて 1.0%
カード払い 楽天カード、楽天銀行デビットカードから 1.0%

ここに記載されたポイント還元率は楽天カードのポイント還元率も含まれています。
そちらについては後述します。

チャージ払い(楽天カードから)で1.5%還元

チャージ払いとは登録した楽天クレジットカードから楽天ペイにチャージしてから支払う方法を指します。
チャージした金額は「楽天キャッシュ」としてチャージされるため、期間限定ポイントと異なり期限がありません。

また、チャージ払いは通常の楽天カード払いと違い、「楽天キャッシュ」で支払います。
これによるデメリットはほとんどありませんが、支払う前に残高が不足してる時はチャージしてから支払うため、通常のクレジットカードと比べると1手間増えることでしょうか。

楽天ペイのチャージ払い(楽天カードから)でのポイント還元の流れ
出典: 【公式】楽天ペイ
楽天カードからチャージして、チャージ払いをするとポイント還元率1.5%が獲得できます。
内訳としては、楽天カードからチャージすると楽天カードから0.5%、チャージ払い(楽天キャッシュ)で楽天ペイから1%獲得できます。

楽天カードと楽天ペイでポイントが分かれているため、チャージ分とチャージ払い分とでポイント付与のタイミングが異なります。

楽天ペイチャージ払い(楽天カードから)のポイント進呈日
進呈元 還元率 進呈日
楽天カード 0.5% 翌月15日頃
楽天ペイ 1% 支払いの翌日

楽天カードの0.5%分は楽天カードのポイント付与日と同じ翌月15日頃になります。

楽天カードの評判は?メリットとポイント還元の特徴 楽天カードの評判は?メリットとポイント還元の特徴

チャージ払い(楽天銀行、ラクマ、楽天ウォレットから)で1%還元

楽天銀行からチャージ、ラクマの売上金、楽天ウォレットでチャージして支払う方法を指します。

いずれかの方法で楽天ペイにチャージして楽天キャッシュとして支払います。
これはチャージ払い(楽天カードから)と同じ流れです。

楽天ペイのチャージ払い(楽天銀行、ラクマ、楽天ウォレットから)でのポイント還元の流れ
出典: 【公式】楽天ペイ
チャージ払い(楽天カードから)と異なる点は下記2点です。

  1. 楽天カード支払い分0.5%が受けられない
  2. 支払い分の残高がないといけない

1つ目は楽天カード支払い分0.5%が受けられない点です。
チャージ払い(楽天カードから)の場合、クレジットカード利用分の0.5%がありましたが、楽天銀行、ラクマ、楽天ウォレットの場合はクレジットカードを経由しないためポイント還元を受けられません。

2つ目は支払い分の残高(楽天銀行、ラクマ売上、楽天ウォレット)を持っていないといけない点です。
チャージ払い(楽天カード)の場合、クレジットカードからチャージするため翌月の支払い日までに支払い分以上の残高があればいいんです。

そのため給料日前など残高が少なくなる時期には買えないことが発生する可能性があります。

ポイント進呈日は楽天ペイ経由のみとなるため、ポイント1%はお支払いの翌日で楽天ペイに進呈されます。

楽天銀行とは?メリットとデメリット、使い方を紹介 楽天銀行とは?メリットとデメリット、使い方を紹介

ポイント払いで1%還元

ポイント払いは今まで貯めた楽天ポイントで支払う方法を指します。
楽天市場やコンビニ等で貯めたポイントで支払う方法です。
期間限定ポイントも支払いに利用できます。

こちらもポイント内訳は楽天ペイ経由での1%のみとなるため、進呈日はお支払いの翌日で楽天ペイに進呈されます。

注意点としては、楽天ペイには「コード・QRコード払い」と「ポイントカード」のタブがあり、「ポイントカード」のタブでバーコードを読み込んで支払った場合はポイント還元の対象外となるのでご注意ください。
【公式】楽天ペイ ポイント払い設定方法
「ポイントを優先的に使う」設定変更した上で支払うことで対象となります。

楽天銀行口座払いで1%還元

楽天銀行の口座残高から直接支払う方法を指します。
お支払い元に楽天銀行を設定して支払うだけです。

チャージ払いと異なり、楽天ペイにチャージする手間がないのでそのまま支払いができます。
支払い時に楽天ペイの残高不足でチャージするといった手間がかからないので、バタバタせずに済みます!!

こちらもポイント内訳は楽天ペイ経由での1%のみとなるため、進呈日はお支払いの翌日で楽天ペイに進呈されます。

カード払いで1%還元

楽天カードまたは楽天銀行デビットカードを支払元で紐付けて支払う方法を指します。
支払った分は楽天カードの請求日に合わせて請求されるため、支払い時に支払い分の金額がなくても支払うことができます。
また、チャージ払いと異なり、いちいちチャージする手間がかからないので非常に便利です!

支払額のポイント進呈日は下記の通りです。

楽天カード、楽天銀行デビットカード払いのポイント進呈日
進呈元 還元率 進呈日
楽天カード 1% 翌月15日頃
楽天銀行

楽天ペイではなく利用カードのポイント進呈日に合わせる形になっています。

注意点としてはカード払いでも楽天カード以外のクレジットカードを設定した場合は対象外となるのでご注意ください。

楽天ポイントとの併用で最大2.5%還元!

楽天ペイを使用する時に楽天ポイントが貯められるお店であれば、楽天ポイントを貯めてポイント二重取りができます!!

例えばファミリーマートやマクドナルドなどポイントが貯められて、楽天ペイが使えるお店ならチャージ払い(楽天カードから)で最大2.5%のポイントを貯められます。

楽天ポイントが貯められて楽天キャッシュが使えるお店はこちらをご覧ください。
【公式】楽天ポイント使えるお店

管理人からの一言

PayPay等は利用回数に応じてランクが変わり還元率が変わりますが、楽天ペイは支払い方法に応じてポイント還元率が変わるため、無駄に使いすぎない点が個人的に気に入っています。
利用回数や金額でランク付けされると無駄に物を買ったりするため無駄遣いが増えます。

ポイント還元率の高さと使えるお店の数も増えているので、よく行くお店が楽天ペイが使えるならできるだけ使うことをおすすめします!

楽天ペイ

楽天ペイ

楽天ポイントが貯まって使えるQRコード決済。ポイント還元率最大1.5%と高還元でSuicaチャージでもポイントが貯まるお得なアプリです!