洗えるランニングキャップ(帽子)のおすすめ8選!

洗えるランニングキャップ(帽子)のおすすめ ランキングTop7!

この記事で解決できる悩み
  • ランニングキャップって大切なの?
  • ランニングキャップの効果は?
  • ランニングキャップの選ぶポイントは何?
  • おしゃれなランニングキャップはどういうの?

日頃から走っているランナーの中でも重要と言ってる人が最も多いのもキャップです。
今回そんなランニング時に欠かせないランニングキャップを、節約のためにお金をかけないコスパの良いおすすめ商品を紹介します。

節約しながらダイエット!ランニングの効果とオススメのアイテム ランニングの効果とおすすめのアイテム。節約しながらダイエット!

ランニングキャップ(帽子)の役割とは

ランニングキャップにはいくつかの役割があります。

  • 紫外線から守ってくれる
  • 汗を吸収してくれる
  • 熱中症になりにくくする
  • 疲労を緩和する

ランニングキャップの一番の役割は「走りやすさ」を担保することです。

ランニングキャップの大きな役割は日差しをカバーして熱中症や紫外線から肌を守ってくれることに加えて、キャップが汗を吸収してくれるため汗が目に入ることを防いでくれるのでランニングに集中できる点にあります。

特に夏のランニングは汗もかきやすくダイエットをする人にとっては絶好の季節ですが、きちんと紫外線対策などをしていないと熱中症などになったらダイエットどころではありませんね。

また、目に紫外線が入ると人は疲れを感じるため、帽子またはサングラスがあると目に対する紫外線対策にもなり、長時間のランニングでも疲労感を緩和することが可能です。

冬はニット帽(ビーニー)もあり

寒い冬は汗をすぐに乾かしてくれるだけでなく、保温性もあるといいですよね。
そんな冬におすすめなのはニット帽(ビーニー)タイプです。
ニット帽というと温かく保温性は高いけど速乾性がないイメージがありますが、温かい温度を保ちつつ、汗を乾かしてくれるビーニーというタイプの帽子もあるので、こちらで防寒対策も可能です。

キャップは汗を吸うから洗濯できるのが大事!

一回のランニングで体だけでなく頭もかなりの量の汗をかきます。
恐らく思っている以上に頭は汗をかいていることに私も気づきました。
そのためランニングキャップは手軽に洗えるものがおすすめです。
帽子のタイプによっては型崩れやほころびを気にしないといけず長持ちしない物もあるので、帽子選びは注意してください。

帽子選びの絶対条件は速乾性、通気性

先ほど書いたように1回のランニングでも季節や体調によって、帽子がビショビショになるほど汗をかくこともあります。
そのため、すぐに乾く速乾性の良いキャップは必要不可欠です。

レディスに人気のキャップブランドTop5

ランニングキャップと言っても機能性やデザイン、ブランド考える非常に種類が多くなります。
特に人気が高いのはこちらのブランドになっています。

  1. NIKE
  2. adidas
  3. asics
  4. New Balance
  5. Under armor

機能性だけでなくデザイン性も高く非常に人気のあるブランドです。

洗濯できるランニングキャップ(帽子)おすすめ8選!

それでは早速おすすめのランニングキャップを紹介していきます。紹介するおすすめアイテムの基準は下記の通りです。

  • Amazon レビュー星4つ以上
  • 価格が8,000円以内
  • 洗濯しても崩れにくい

シンプルデザインで機能性重視

デザインはシンプルでどのウェアともコーディネートがしやすく、速乾性と通気性の良いアイテムになります。

[ザノースフェイス] キャップ クライムキャップ

軽量で速乾性に優れたキャップ。デザインもシンプルで女性も男性もどちらでも使用可能。

素材 サイズ
ポリエステル100% 57-58cm

ナイキ(NIKE) キャップ H86 メタル スウッシュ キャップ

NIKEの定番形とされる6パネルデザインに速乾性を更に強化したモデル。糸ほつれなども起きにくく長持ちします。体感的には画像よりもやや薄く感じます。

素材 サイズ
ポリエステル100% 57-59cm

アディダス(adidas) 機能素材 帽子 キャップ メンズ レディース ゴルフ メッシュキャップ スポーツ

主張しすぎないadidasらしい3本線が入ったデザイン。つばも大きめで日よけに最適。アジャスターでサイズ変更も可能。

素材 サイズ
ポリエステル100% 57-60cm

[ニューバランス] ヘッドウェア LAH91003

日焼け対策最高のUPF+50のため紫外線対策もバッチリ!

素材 サイズ
ポリエステル100% 56-cm

機能性も持ちながらデザイン性があるタイプ

せっかくならデザイン性がありオシャレに着こなしたい人向け。

[ザノースフェイス] 帽子 スワローテイルキャップ

通気性に優れた機能性だけでなく耳やサングラスが干渉しにくい形状にもなっていたり、夜間走行時にはロゴがリフレクターになっていて安全性も担保。

素材 サイズ
リサイクルポリエステル100% 54-61cm

[ザ・ノース・フェイス] キャップ レタードキャップ

UPF15-30で紫外線を85%カット。硬めのつばで風で飛びにくい仕様に。

素材 サイズ
ナイロン 59-cm

ランニングキャップの洗濯方法

ランニングキャップはファッション用キャップと比べて速乾性と通気性が長けていますが、ずっと使っていると汚れます。
しかし型崩れしないために基本的には手洗いになります。その他にも洗濯機で洗うとつばの形状が崩れるだけでなく、他の衣服のほこりなどがつくためです。

洗剤はいつもの中性洗剤

ランニングキャップの洗濯は特別なものを使う必要はなく、バケツや桶にぬるま湯を張っていつも使っている中性洗剤を数滴垂らすだけです。
おおよそ30度くらいのぬるま湯に中性洗剤を入れれば出来上がりです!

基本的には手で優しく洗いますが、汚れがひどい部分は使い古しの歯ブラシなどでゴシゴシして洗うと落ちやすくなります。

最も型が崩れやすいツバ部分は曲げたりしすぎないように注意してください。

その後はきれいな水に代えて、しっかりとすすいでください。
すすぎ残しがあると色落ちや洗剤の残り跡がついてしまいます。

風通しの良い日陰で形を整えて

洗い終わった後は軽くタオルで拭いて、風通しの良い日陰で干しましょう。
日陰で干す理由は繊維を傷ませないためにするためです。

また、干す際は形が崩れないように平置きしてください。
記事が柔らかくキャップ単体で立ちにくい場合は、中に新聞紙を入れて形を保ってあげると乾いた時に型崩れを起こしません。

洗濯機で洗うなら洗濯ネットが必須

ランニングキャップは手洗いが前提ではあるものの面倒に感じますよね。その時は洗濯ネットを使って洗濯機で洗いましょう。

洗濯ネットを利用することでホコリやゴミが付着しにくくなったり、生地の痛みを防ぐことができます。洗濯ネットは大きいものから小さいものまで100円均一で売ってるのでそこで購入すると安く済みます!

まとめ

ランニングキャップでも機能やデザインが多数あります。
ランニングウェアは自分の好きな物を選ぶことで、ランニングを継続するモチベーションに繋がります。
私自身もランニングウェア、シューズ、靴下、アームバンドなど最低限のアイテムでランニングしていますが、